グランダ深大寺の職場紹介

住宅型有料老人ホーム

微笑みのある、温かいホームを一緒に作っていきましょう。

メンバー紹介

  • 看護職 正社員

    • 入社:2018年
    • 前職:看護職

    笑顔と健康を守ります。

    146328be45d02db0aeebcc18f936009a3087c9be36c4bd151a80fa3a34a020200228 15830 1gju9bc
  • 用務員 パート・アルバイト

    • 入社:2014年
    • 前職:メーカー

    無事故無違反 安心してお任せ下さい。

    Ed26ecc3eeac22d8084b55ee51ae11c5203fa9bc1aa5f14c099f593f893820200228 15830 9bolkm
  • 受付事務 パート・アルバイト

    • 入社:2016年
    • 前職:コンサルティング

    深大寺の経理はお任せ 趣味は音楽鑑賞です。

    63960c35261043f69485dca1116ea67e2fefcda7d1fd36003de9d82fa51920200228 15830 a9x4aw

※2019年4月現在

ホーム長(施設長)紹介

67a9336fac664d88dc0a2702e385e17a4d659e0f5d96efa1dcc0b4525cf420200228 15830 1296mqj

ホーム長(施設長)正社員

  • 入社:2004年
  • 前職:学生(新卒入社)

応募者の方へのメッセージ

お手伝いを始める為には、お身体の状態やご性格を学ばせて頂く事はもちろん、ご入居に当たる前のご生活や趣味、大切にされている事など様々な事を理解しなければ寄り添った介助はできず独り善がりなお節介になってしまうと思います。
その方の事を学ばせて頂く事が大切だと思います。
それは職場も同じです。一緒に働くスタッフの事を学ぶ事であたたかいホームや職場ができあがります。
一緒に悩み、一緒に取組み、一緒に喜ぶ。
グランダ深大寺は温かみのある雰囲気の良いホームを目指しています。
ご入居者様にはご自宅での生活のようにストレスの少ない毎日を送っていただく事を目標としています。
一緒に充実した毎日を過ごしましょう!

※2019年4月現在

職場の魅力

1対1での充実したサービスをご提供

「住宅型」の老人ホームならではの1対1の時間をお約束できるサービスが何よりも魅力です。
その方のお部屋に決まった時間に伺い、入浴や掃除のお手伝いをさせていただきます。
お客様は皆様その時間をとても楽しみに待っていてくれます。
ご本人が出来る事は小さな事でも頑張っていただく、いわゆる「自立支援」を大切にする事で、その方にやりがいや生きがいを残します。
掃除箇所を手分けして一緒に掃除をし、スーパーで一緒に相談しながら商品を選ぶ。
ゆとりを持った介護が職員のやりがいにも繋がっています。
深大寺は一緒に笑いながら寄り添う事の出来るホームです。

  • 3116cbbfcd095222b1d86cd81b047acbf143ac6645e13042f79f4b5be16e20200228 15830 w8o3br

    スタッフとご入居者様、会話をしながらゆったりと足浴の時間をお過ごしいただけます。

  • 05cd387ed34931baaddc3677e1ab05bc8b0a12046ce3af4d3c1be3ebfa0420200228 15830 iueuvw

    お出かけ、買い物もスタッフと行く事ができます。歩行が不安な方でもスタッフが同行致します。

職場情報

アクセス

  • 東京都調布市佐須町2-30-3
  • ■電車・徒歩の場合■
    京王線「布田駅」下車、徒歩16分(約1,280m)

    ■バスの場合■
    「佐須交差点」停留所下車、徒歩1分(約10m)
    ※京王線「調布駅」中央口を出て、北口14番乗り場より、調36・調37系統「上ノ原小学校」・調37系統「都営深大寺住宅」行きに乗車。

    「佐須」停留所下車、徒歩2分(約110m)
    ①京王線「調布駅」中央口を出て、北口14番乗り場より、吉14系統「吉祥寺駅」行き、調35系統「杏林大学病院前」行きに乗車。
    ②京王線「布田駅」北口を出て右折し、「布田駅前」交差点を渡って左折した先にある「布田」停留所より吉14系統「吉祥寺駅」行き、または調35系統「杏林大学病院前」行きに乗車。

職場基本情報

職場名

グランダ深大寺

ご入居者様募集サイトへ
種別

住宅型有料老人ホーム

居室数

57室

開設

2014年07月01日

近隣の職場

前のページへ戻る

「介護のプロフェッショナル」としての
社員一人ひとりの成長をともに描く