メディカル・リハビリホームくらら武蔵境の職場紹介

【介護付きホーム】介護付有料老人ホーム(一般型特定施設入居者生活介護)

優しく、風通しの良い、ほっとした雰囲気のホームです

メンバー紹介

  • 介護スタッフ 正社員

    • 入社:2011年
    • 前職:流通・小売・フード

    明るいスタッフが多いくらら武蔵境にいつでもどうぞいらっしゃってください。

    K musashisakai member1
  • 介護スタッフ 正社員

    • 入社:2013年
    • 前職:学生(新卒入社)

    介護福祉士目指して、今、実務者研修に参加しています。これからもよりよいケアが出来るよう頑張ります!

    K musashisakai member2
  • 介護スタッフ 正社員

    • 入社:2015年
    • 前職:学生(新卒入社)

    趣味はスポーツ観戦です。

    K musashisakai member3
  • 看護職 契約社員

    • 入社:2010年
    • 前職:看護職

    休みの日はガーデニングに凝っています。好きな植物は野草です。

    K musashisakai member4

※2016年9月現在

ホーム長(施設長)紹介

Home cho photo

ホーム長(施設長)正社員

  • 前職:介護スタッフ

応募者の方へのメッセージ

「メディカルホームくらら武蔵境」では温かい家庭的な暮らしができるように少人数のグループケアを行なっています。
たとえば、リビングのキッチンを囲んでの食事アクティビティ。ご入居者様との日頃の会話から、馴染みの料理やお得意だった料理、お好きなメニューを聞き出して、皆で一緒にお料理を作っています。ご入居者様同士で自然と役割分担が決まったり、本当に素敵な時間ですよ。
ホームが求めるのは、そんな素敵な時間を共有出来る方。
"短時間"、"土日のみ"、"夜勤のみ"など、ライフスタイルにあわせた様々な働き方も選べます。
各研修をはじめ、常に成長できる環境もあります。チームワークもバッチリな「メディカルホームくらら武蔵境」で一緒に働きませんか?

※2016年9月現在

職場の魅力

「いつでも夢を」持ち続けることが出来るホームを目指して

「メディカルホームくらら武蔵境」で働く人全員が、「どうやったらご入居者様が安心して、楽しく生活していただけるかな」「ご入居者様のお好きなことができるホームにしたいな」といつも考えています。
介護スタッフ、看護師、ケアマネジャー、機能訓練指導員はもちろん、笑顔がとびきり素敵な受付さんや歌や園芸が得意な用務員さんも時には話し合いに参加します。お好きなものを伺って外食にお連れしたり、ご家族様と一緒に参加できるアクティビティを企画したり・・・と、最初は慣れない新人スタッフも、いつの間にかご入居者様やご家族様の事を、まず第一に考える先輩スタッフの姿を見るうちに、自然とその気持ちが伝わっていきます。
年齢層が幅広く、まるで家族のような職場は、元気で明るく、笑い声が絶えません。子育てや介護中の時短勤務のスタッフなども活躍中です。
毎年各ホームが参加する合唱祭が開催されます。合唱チーム「りんどうず」が歌う歌は「いつでも夢を♪」。ご家族様も一緒になって応援してくださり、ホーム一丸となって日々練習しています。ご入居者様、ご家族様、そして全職員が「いつでも夢を」持ち続けることができるホームが「メディカルホームくらら武蔵境」です。

  • K musashisakai miryoku1

    気の合う仲間とリビングを中心に顔なじみのスタッフとともに、自分らしい暮らしがそこにはあります。

  • K musashisakai miryoku2

    ご入居者様の「したいこと」「好きなこと」「できること」に着目し、ご自身のペースでケアを行っています。

  • K musashisakai miryoku3

    ご家族様にとっても、くららは第二の自宅。いつでも気軽にお越し頂いて、だんらんの時間を過ごされます。

職場情報

アクセス

  • 東京都三鷹市井口4-8-24
  • ■電車・徒歩の場合■
    JR中央線「武蔵境駅」より西武多摩川線に乗り換え「新小金井駅」下車、徒歩9分(約720m)

職場基本情報

職場名

メディカル・リハビリホームくらら武蔵境

ご入居者様募集サイトへ
種別

【介護付きホーム】介護付有料老人ホーム(一般型特定施設入居者生活介護)

居室数

55室

開設

2004年07月10日

職場データ

  • K musashisakai data1
  • K musashisakai data2

近隣の職場

前のページへ戻る

「介護のプロフェッショナル」としての
社員一人ひとりの成長をともに描く