President message
代表から
みなさんへ

その方らしい生活をお客様と創りあげる過程は、
あなた自身を大きく成長させることでしょう。

みなさんは、少子高齢化が日本だけでなく世界の問題として起こっていることをご存知でしょうか。高齢化の速度は日本が突出しているものの、欧米諸国においても深刻な問題であり、アジアでも韓国・タイ・中国などは日本と同じかそれ以上の速さで高齢化が進むと言われています。このため、「充実した介護」について考えることは、世界共通で早急な対策が求められている重要なテーマになっています。その中でわが国の介護は、居住空間の在り方や介護用品などハード・機器関連はもちろん、きめこまやかなサービスに対しても諸外国から注目が集まっており、当社のホームには各国の福祉政策を担う要人や介護事業参入を検討中の大手法人が数多く見学に来られています。

「近い将来、世の中の多くの仕事はロボットや機械の手で行われるようになり、人間から仕事が奪われる」という論文・報告書が発表されていますが、それは私たちが手がける介護業界でも起こりえることかもしれません。たとえば、車いすからベッドへの移乗介助を2人で行っていたものが、ロボットの力を借りて1人でできるようになるなど、体を使う仕事については、お客様とスタッフの両者にとって負担が少ない方法でできるようになる可能性があると思います。

しかし、我々が考える介護の核となる「その人らしい生き方を考え、寄り添うこと」は、血の通った人でなければ決して実現できないものです。介護を受けられる方が歩んできた人生を見つめ、どんなものに価値を置くか、どんな時に幸せを感じるか、それに応える方法を考え、共に生活を創る。このような思考を持ったサービスは、どれだけ技術が発展したとしてもロボットには絶対にできないことなのです。

また、介護の現場で他者の幸福に感性を働かせ、そこを起点にニーズを汲み取ってサービスを提供する過程は、実践する人自身を大きく成長させます。そうした働き方を通じて培われる「個に寄り添って価値を創造する力」は、介護に限らずあらゆるビジネスで通用する力と言えるでしょう。

私たちは、国内の高齢者介護へのニーズの高まりを受け、有料老人ホーム事業の拡大を進めています。2015年は20のホームを新設し、有料老人ホームでは国内でトップとなる288のホーム(2016年2月時点)を運営しています。最近では、老人ホームや保育園だけでなく、地域に向けた配食サービス、介護の相談窓口、仕事と介護の両立支援サービス、学童保育、シニア・介護研究所など、複数の新規事業をスタートさせました。そうした状況の中で近年はありがたいことに、介護に可能性を見いだす企業からビジネスパートナーとして様々な相談をいただくケースが増えてまいりました。

世界で注目される日本の介護業界で20年の経験と実績を積み重ねてきた当社には、新しいニーズや先端の知見に触れながら、様々な方向のキャリアを描ける土壌があります。今まで介護に興味をもっておられなかった方も、そこを魅力に感じていただけるなら、当社についてより詳しく知っていただくことが、キャリアの新しい視点につながるのではと考えています。少しでも関心をもっていただけたなら、ぜひ一度「体感型会社説明会~Will~」にお越しください。将来のキャリアと向き合うみなさんの一助になる有意義な時間をご提供できればと思っています。

代表取締役社長
代表取締役社長

PAGE TOP