住宅型の老人ホームの
サービス提供責任者で
よかったです。

村山 由紀

サービス提供責任者

グランダ世田谷上町

訪問介護、有料老人ホーム、デイサービスを経て2013年に入社。
住宅型有料老人ホームのサービス提供責任者として活躍中。

目が届く、手が届く、思いが届く。
だから私は住宅型有料老人ホームのサービス提供責任者です。

サービス提供責任者 村山 由紀

介護のお仕事を意識したきっかけは何ですか?

自営で両親が共働き。祖母と一緒の時間が長くて、運動会でつないで走ったシワシワの手が大好きでした。
頼りにしてくれる人からのありがとうの言葉の重みは、そんな祖母のおむつ交換で体験していました。
結婚前に一度介護で働くことを考えましたが、仕事にハマってしまいそうだったのでそのときは辞めました。

それがなぜ介護のお仕事に?

実は追っかけママタイプなんです。
習い事など子どもの応援にハマってしまいそうなので、子離れのために下の子が小学校に入学したのを機にヘルパー2級の資格をとり、ホームヘルパーとして働きはじめました。

ベネッセスタイルケアとの出会いは?

もっと介護のことを勉強したくて長い勤務でのお仕事を探して、民家を改造した10人規模のデイサービスの生活相談員になりました。
生活水準の厳しい方を対象に、いろいろとお役に立とうと取り組んでいましたが運営会社が倒産。
そのタイミングでオープニングスタッフの募集を見つけて、そこがベネッセスタイルケアで、サービス提供責任者として採用されました。

住宅型有料老人ホームでのお仕事はどんな感じですか?

基本的な流れは在宅と同じです。
ただ、ご入居者様の生活がすぐ目の前にあるのでいろんな提案ができるようになりましたね。時間とサービスが限られていた在宅と違って、やるべきことを自分たちで見つけて拾っていくからいろんな可能性が見えてくる。
当然スタッフとの距離も近くなりますから、いろんな場面での関わりも増えてきます。質問をしていたスタッフが今度は教えるようになっていたり、お着替えを手伝って汗だくのスタッフをうちわで扇いだり、スタッフたちの成長や感謝する気持ちが見えるのは、私にも励みになりますね。

他にはどんな特徴がありますか?

アクティビティですね。
生活全体を把握して、サービス以外にご入居者様と関わりが持ててよろこんだ姿を見ることができる。アクティビティに参加したいからその時間帯にヘルパー業務を入れないでといわれるくらいに、スタッフも楽しみにしているようです。

最後に、これからどんな環境に
していきますか?

シフトに空きが出ればヘルパーとして入るし、協力するために自ら現場に入ることもします。
せっかくの住宅型の環境ですから、もっと現場やご入居者様のことを知りたい。だからスタッフたちがアイデアを出してくれると、ホームやご入居者様のことを考えてくれたことがうれしくて、その時点で採用したいくらいですが、ホーム長としっかり検討します。

仕事の紹介about work

画像をクリックすると、大きな画像で見ることができます。

  • 朝の申し送り

    朝の申し送り

  • 記録のチェック。フィードバックは付箋で。一人ひとり丁寧に。

    記録のチェック。
    フィードバックは付箋で。
    一人ひとり丁寧に。

  • 登録スタッフからの相談は、しっかり耳を傾ける

    登録スタッフからの相談は、
    しっかり耳を傾ける

  • サービス調整会議

    サービス調整会議

  • 訪問介護計画の作成

    訪問介護計画の作成

  • ちょっとした事でもホーム長と打合せ

    ちょっとした事でも
    ホーム長と打合せ

スタッフインタビュー一覧を見る

「介護のプロフェッショナル」としての
社員一人ひとりの成長をともに描く