ヘルパー以上の
関わりを求めて居宅の
ケアマネジャーに。

森 眞理子

居宅介護支援ケアマネジャー

介護センター経堂

2012年入社。仕事ではケアマネジャーと管理者との2足のわらじで奮闘中。
さらに3人の子供のお母さん、主婦としての顔を持ち4役で活躍中。

お母さんや奥さん以外の自分を見つけて、
ずっと成長し続けられます。

居宅介護支援ケアマネジャー 森 眞理子

介護のお仕事を選んだ理由は何ですか?

母親や妻以外の自分を見つけたくて参加した福祉ボランティアで、自分でも誰かの役に立てるということに気付きました。
それですぐに通信講座に通ってホームヘルパー2級(現 介護職員初任者研修)の資格を取得。
ご自宅でケアを受けたいという方を支援したくて、訪問介護のお仕事を選びました。

実際にお仕事をして
印象に残っていることは?

私が担当していた一人暮らしの女性が突然引っ越してしまったんです。
家族の都合で大阪に行ったこと以外は、その方がどうなってしまったのかまったくわからない。
何事もなかったかのように住んでいたおウチも更地になってしまって、ホームヘルパーとしてのお仕事に限界と悔しさを感じましたね。

だからケアマネジャーを目指そうと?

実はお薬が飲めていないとか、ご利用者さまのお宅を訪問してはじめて見えてくる課題がいくつもあります。
でもケアマネジャーが動かないと何も動かない。それならば自分で動こうと。
ご自宅に伺うのでデリケートな部分もありますが、そのガードが外れるきっかけとなって、ご利用者様やそのご家族様、事業者、行政がしっかりと関わりを持っていろんなことを決めていきたい。
それを実現するためにケアマネジャーになると決めました。

では、ケアマネジャーとして心がけていることは?

経験がある分、ご利用者様やそのご家族様が気付いていない先の備えをいろいろと提案したい。
年齢とともにできなくなることが増えていく報告が集まる中で、ご利用者様の気持ちがプラスになることを共有していきたい。正社員なので人や情報が身近にあることをいろんな場面で活かしたいし、時間が許す限り現場にも出て行きたい。

ご利用者様とご家族様の喜びの瞬間に立ち会えることが、ケアマネジャーというか私の頑張りの源泉ですから。

いまはどんなことに取り組んでいますか?

介護は、これまでの経験が活かせるし、身につけた専門性を活かして働けるお仕事です。
介護福祉士も社会福祉士の資格も取得したので、次は主任ケアマネジャーにもチャレンジしたいと考えています。
いつもはみんなに宣言しますが、まだ自信がないのでいまは内緒にしています。

ベネッセスタイルケアの
印象を教えてください

実はせっかちな性格で、突進しはじめたら上司がブレーキをかけてくれます。
そのおかげでいまは立ち止って周りを見る癖がつきましたね。欲張っていっぺんにやろうとしても無理なので、計画を立てて取り組んでいくようにしています。
この点でベネッセスタイルケアはとてもいい環境だと思います。

具体的にはどんなところに魅力を感じていますか?

目標を達成することで自分がどんな将来が描けるのか1年の計画を上司と一緒に考えます。
今年の目標は管理者として他のケアマネジャーの働きやすい環境づくり。
課題をクリアして成長させていくところは、やはり教育の会社だからそのあたりは上手ですね。

最後に、どんな方がケアマネジャーに
向いていると思いますか?

こう見えても人見知りで話すことがあまり得意ではありませんでした。
でも肩書きを持つことで積極的に動けるようになれましたね。

だから、人のために何かをしたいという気持ちがあれば大丈夫ですよ、きっと。

仕事の紹介about work

画像をクリックすると、大きな画像で見ることができます。

  • ご家族様からお電話

    ご家族様からお電話

  • デイサービスの担当者と打ち合わせ

    デイサービスの担当者と
    打ち合わせ

  • ご利用者様宅へ訪問

    ご利用者様宅へ訪問

  • ケアプラン作成

    ケアプラン作成

  • 介護センター内でミーティング

    介護センター内で
    ミーティング

  • センター長との定期面談

    センター長との定期面談

スタッフインタビュー一覧を見る

「介護のプロフェッショナル」としての
社員一人ひとりの成長をともに描く