ホームヘルパーなら、
もうひとつの夢を
追い続けられます。

高津 紀子

ホームヘルパー

介護センター北沢

2013年入社。現在、あん摩マッサージ指圧師の資格取得を目指し指圧学校に通いながら、ホームヘルパーとして活躍中。

続けられるから同時進行。
介護とリラクゼーション。

ホームヘルパー 高津 紀子

介護のお仕事をはじめるきっかけは何ですか?

はじめはお客として通っていたタイ古式マッサージにはまり、施術者として技術を学ぶようになりリラクゼーションで働くようになりました。
もともと人の役に立つ仕事が好きで、カラダの構造など活かせることもあるかもしれないとヘルパー2級の資格を取得。
リラクゼーションの仕事も続けたくて、時間に融通の利くホームヘルパーで働くことにしました。

実際に仕事をしてみての印象は?

施設なら簡単に聞けるようなことも訪問介護ではむずかしい。
お掃除などの生活援助は大丈夫でしたが、身体介助に関してはなかなか独り立ちできず、何度も同行をお願いしてしまいました。
不安がなくなるまで親身に対応していただきすごく感謝しています。

どのようなこだわりを持って
お仕事に向き合っていますか?

記録の書き方はできるだけ丁寧にするようにしています。
「変わりありません」というのは絶対にありません。ちゃんと観察をすれば報告することは必ずあります。書く人の意識が変われば読む人の意識も変わる。そうすればご利用者様への対応も変わってくるはずです。
まずは自分からしっかりとできるように心がけています。

ホームヘルパーの働き方でいいところは何ですか?

ご自宅でのケアなのでご利用者様がすごくリラックスしていてお話しが弾みます。
どこのスーパーが安いとか、どのお医者さまがいいとか、そのエリア特有の情報が聞けるし、自転車の移動なのでその話題のお店を探したり、移動の合間に買い物をするのも楽しいですね。

このお仕事をして
何か生活は変わりましたか?

大分出身なので「東京って便利ですね」と、女性のご利用者様にお話したときに、「東京はね、やりたいことができる場所。やりたいことがあるならやりなさい」といわれました。

実はその言葉に背中を押されて、指圧の学校に通うことにしたんです。何か運命的ものを感じましたね。

ベネッセスタイルケアで
働いてよかったことは?

学校で習ったことや先輩から教わったことに、自分の経験を照らし合わせていくといろんな歯車がかみ合っていく、いまそれを実感できる一番いいときですね。
ベネッセスタイルケアと出会って本当にいろんな人と出会うことができました。将来はあん摩マッサージ指圧師の資格を取ってマッサージの道に進みたい。
ホームヘルパーだからではなく、ベネッセスタイルケアだったから、この目標が進行形なんです、きっと。

仕事の紹介about work

画像をクリックすると、大きな画像で見ることができます。

  • ご利用者様宅に到着。これからサービスに入る報告。

    ご利用者様宅に到着。
    これからサービスに入る報告。

  • ご利用者様の体調管理まずは、検温から

    ご利用者様の体調管理
    まずは、検温から

  • お部屋の清掃

    お部屋の清掃

  • お食事の準備。今日はおみそ汁と・・。

    お食事の準備。
    今日はおみそ汁と・・。

  • 一連のサービス終了

    一連のサービス
    終了

  • 次に待っていらっしゃるご利用者様の元へ

    次に待っていらっしゃる
    ご利用者様の元へ

スタッフインタビュー一覧を見る

「介護のプロフェッショナル」としての
社員一人ひとりの成長をともに描く