メディカル・リハビリホームくらら山鼻の職場紹介

【介護付きホーム】介護付有料老人ホーム(一般型特定施設入居者生活介護)

お一人おひとりの想いを大切にします。笑顔溢れる、温かいホーム

メンバー紹介

  • 介護スタッフ 正社員

    • 入社:2012年
    • 前職:公的機関・その他

    若さを保つためにジムに通うか思案中です!

    K yamahana member1
  • 介護スタッフ 正社員

    • 入社:2014年
    • 前職:学生(新卒入社)

    野球観戦が大好きです。夜勤明けでも出かけてしまうほど元気ハツラツで過ごしています!

    K yamahana member2
  • 看護職 パート・アルバイト

    • 入社:2015年
    • 前職:看護職

    ベリーダンス始めました!体力維持していきたいです!

    K yamahana member3
  • 受付事務 パート・アルバイト

    • 入社:2016年
    • 前職:公的機関・その他

    いくつになっても好奇心を持ち続けようと思っています。次は何をしようかなぁ・・・?!

    K yamahana member4

※2016年9月現在

ホーム長(施設長)紹介

K yamahana home cho

ホーム長(施設長)正社員

  • 入社:2014年
  • 前職:その他医療・福祉

応募者の方へのメッセージ

私は人と接することが好きでこの仕事をしています。ご入居者様、ご家族様、スタッフの間で常に明るく笑顔があふれているようなホームにしたいといつも想っています。
当ホームのスタッフは介護の知識や技術の習得に余念がありませんが、もう一つ”人間力”も磨いて欲しいと思っています。
”人間力”は多くの人と接してお話を聞かせていただくことから始まります。それに対し考え、行動することにより磨かれていくものではないかと考えています。
お話が得意でなくとも頑張ってお話に耳を傾けているスタッフを見かけたときは感動しますね。そんな仲間と共にご入居者様の日々の生活を支えていきたいです。

※2016年9月現在

職場の魅力

役割は異なっていても想いは一つ。ご入居者様の笑顔のために。

ご入居者様は控えめな方が多く、専門職が個別に接する時が本音を聞きだせるチャンスとなることがあります。
介護スタッフ、看護職がご入居者様に個別に接する時、また理学療法士が個別のリハビリを行う時など、ゆっくりとお話を伺うことで、感じていること、思っていることを伝えていただけることが多いです。リハビリ中は特に気持ちがリラックスされているのでなおさらです。
ある時、リハビリ中に男性のご入居者様が「もっとリハビリしたいんだ」と話され、理学療法士から介護スタッフにその言葉が伝えられました。介護スタッフで話し合い、日常の生活の中でもリハビリになるようなことができないかと考え、ベッドからトイレまでの距離を車椅子を使わずに歩行介助して往復することを提案、実施することになりました。結果、ご本人様の努力で歩行状態が良くなり病院へ通院した時にも病院の先生に筋力がついたと言っていただき、ご家族様も大変喜ばれたということがありました。それぞれの専門職が一つのチームとして連携ができていることで皆様に喜んでいただける結果が出せました。

  • K yamahana miryoku1

    介護スタッフや看護職員とコミュニケーションを深めるチームワークを意識しています。

  • K yamahana miryoku2

    個別リハビリにも結果にもこだわりながら楽しく長く リハビリを続けていただけるよう工夫をしています。

職場情報

アクセス

  • 北海道札幌市中央区南16条西14-1-20
  • ■電車・徒歩の場合■
    市電「西線16条」停留場下車、徒歩1分(約50m)

職場基本情報

職場名

メディカル・リハビリホームくらら山鼻

ご入居者様募集サイトへ
種別

【介護付きホーム】介護付有料老人ホーム(一般型特定施設入居者生活介護)

居室数

61室

開設

2000年05月12日

職場データ

  • K yamahana data1
  • K yamahana data2

「介護のプロフェッショナル」としての
社員一人ひとりの成長をともに描く