• トップ
  • ベネッセの看護
  • ベネッセのリハビリ
  • 介護現場で働く
  • サポート体制
  • 応募方法
  • 説明会情報

ベネッセスタイルケアのサポート体制

キャリアパス・評価制度

ホームで直接ご入居者様と関わる仕事だけではなく、その他にもエリアナース・ホーム長・本社勤務(総合職)など、さまざまなポジションがあります。
ホームという現場の看護だけでなく、そこで積みあげた経験を活かして活躍する場があります。

さまざまなポジション

エリアナース

エリアナース

特定のホームには所属せず、エリアのホームの情報や状況を共有し担当することから
『エリアナース』と呼んでいます。
ナース、スタッフ、ホーム長とさまざまな立場の方から医療に関する相談を受けて、
電話で、あるいは訪問して解決のご提案をしていきます。また、仕事の進め方をアドバイスしたりもします。

エリアPT・OT・ST」

エリアPT・OT・ST

エリアナースと同様、特定のホームには所属せず、エリアのホームからの相談への対応や、
ホームに勤務するリハビリ職員(PT・OT・ST)のサポートなどを行います。
リハビリ職員に対しては、入社時のフォローから、時には同じ専門職として、ご入居者のアセスメントや対応方法を
一緒に考える等、入社後も身近な相談相手として支援していきます。

ホーム長

ホーム長

ホームの総責任者として、組織マネジメントおよび運営業務を行います。
1.ホームのサービス品質の維持・向上していくこと
2.ホームで働くスタッフを育成し、成長を助けること
3.ホームの入居率の維持・向上

本社勤務(総合職)

本社勤務(総合職)

専門分野の知識や経験を活かし、
全社ガイドラインの作成や研修の企画・運営、当日の講師、
また地域に向けた相談援助業務など昨今、活躍の場は色々な部署に広がっています。

ページの先頭へ

ベネッセスタイルケアの看護

  • 看護に対する想い

    ベネッセスタイルケアの看護は、自分や自分の家族がして欲しいサービスを提供します。

  • 仕事紹介

    多職種協働によるチームケアを実践。それぞれの役割や仕事内容についてご紹介します。

  • 先輩インタビュー

    「だから看護のお仕事をつづけられる」。活躍する先輩ナースの声を集めてみました。

  • ホームでの取り組み

    ここではホームだからこそ取り組むことのできる具体例のいくつかをご紹介します。

ページの先頭へ戻る

ベネッセスタイルケア採用サイト

介護職、看護師、ホームヘルパー、ケアマネージャー、保育士、学童スタッフ、栄養士、調理師で、お仕事・求人をご紹介しています。