• トップ
  • ベネッセの看護
  • ベネッセのリハビリ
  • 介護現場で働く
  • サポート体制
  • 応募方法
  • 説明会情報

ベネッセスタイルケア リハビリの特徴 先輩インタビュー

「わたしの目指したリハビリの姿が、ここにある」

「患者様のために」医療の現場では実現できなかったあなたのやりがいがみつかるかもしれません。
さまざまな期待と不安を胸に有料老人ホームというあらたなステージへ転職した先輩の声を紹介します。

先輩インタビュー

PTとして身体機能だけでなく、その方の生活や生き方も見ていく。 PTとして、人として、私はまだまだ成長していく。
PTとして身体機能だけでなく、その方の生活や生き方も見ていく。

入居介護(ホーム)・理学療法士
2011年12月入社

患者さまとの信頼関係だけでなく、休みの日まで若い看護師や年上のベテランが、相談や話を聞きたくて自宅までやって来る。いまも現役看護師として活躍する、いつも人のために一生懸命な母親の姿を見てきて、子供の頃から医療職に憧れていたという平岩さん。
医療職には高齢者との関わりが重要になるとまずは介護職に。訪問介護やデイケア、看護助手で生活リハビリの必要性を痛感し、母のような天職になると確信し理学療法士の道を選んだ。

やるべきことがまだまだなのに、
やってあげたいことは程遠く...

写真

念願かなってなった理学療法士ですが、勤めていた病院と訪問リハビリで同じ疑問にぶつかりました。
医療システムのことなのでどうすることもできないのですが、算定日数や単位を意識せざるを得ない状況で、毎日が時間に追われていましたね。
まだまだやるべきことがたくさんあるのに次の患者さんが待っている。やってあげたいことはあまりできる状況ではありませんでした。
リハビリ中は患者さまともお話しをするじゃないですか。アパートの2階に住んでいるのを知っているのに、階段をのぼれるまで身体機能が回復していなくても、入院期間の問題で退院させなければなりません。
医療機関だとその方の生活背景や生き方はあまり重要ではないんです。有料老人ホームならご入居者さまの生活環境のどまん中で、他の職種の方と連携しながら、生活リハビリに集中できるだろうと、もう一度介護の現場に戻りました。

写真

医師の判断は絶対です。
でも周囲の状況も大切に。

誤嚥性肺炎で長期入院後にホームに戻ってきた93歳の女性は、入院先の医師の「口からの食事は難しい」という判断で点滴生活になりました。
しかし、3人の娘さんは食べる喜びを感じて「人間らしくいてほしい」と経口摂取を強く望まれました。ホームに戻られてからも食欲や味覚はまったく衰えておりませんでした。
わずかでも望みがあるのならばと、娘さんと本人の意思も確認し、リスク説明を何度も行い、口腔咽頭マッサージ、頚部~体幹ストレッチ、嚥下・摂食訓練などを多職種連携して無理なく進め、自己摂取ができるまでに回復できました。
医療機関でのリハビリでも医師の指示の下ですが自分たちにも責任はあります。
でも、介護施設は違います。
みなで決めた方針は責任を持って、回復を信じて最後まで取り組む。それがしんどいからと介護を敬遠するPT・OT・STがいるかもしれませんが、リハビリ専門職を志した時点で責任のある仕事を選んでいます。介護の現場でもどんどん活躍してほしいですね。

生活のためのリハビリです。
生活がある限り向き合っていきます。

写真

医療機関のときとは違ってここでは機能訓練指導員として、リハビリ業務全般にも取り組むし、嚥下の状況も確認します。
でもそれでご入居者さまのリアルな生活に向き合える。
この仕事は責任がともなうほど充実するし達成感も大きい。いま、すごくヤリガイを感じているからこそ、気をつけなければならないと気持ちにとどめていることがあります。
それは「慣れ」です。
同じリハビリの繰り返しで気持ちに油断がないこともそうですが、リハビリに一生懸命なあまり、もしかしたら介護でも、「2階に住んでいるのに」と同じようのことがあるかもしれない。
それがどんな場面なのかはわかりませんが、そんな思いを二度としないよう、ご入居さまやスタッフが何でも相談できるコンシェルジュ役になれるよう頑張っていこうと思います。

エリアPTメッセージ

ホームでの生活を通じて、高まっていく「人間力」。

現場が医療から介護に変わったPT・OT・STにとって、一人職場は責任の重さに不安を感じるようです。彼らが困ったときには「ご入居者目線で見てベストな対応なのか?」を考えて答えを出すようにアドバイスをします。あまり細かい事は言わずに、「その人らしさに、深く寄り添えるように業務のサポートをしています。"PT・OT・STの視点で入居者さまの生活を良くしていく"ことは、今までと違う環境で頑張ろうとしている皆さんなら必ずやっていけます。」

エリアPT
藤井 貴弘

ページの先頭へ
PTとして、人として、私はまだまだ成長していく。

入居介護(ホーム)・理学療法士
2006年7月入社

製薬メーカーで営業職に。やがてPTになりたい熱が高まり、会社を退職して、29歳で資格を取得。
その後、病院で5年、介護老人保健施設(老健)を経て、ベネッセスタイルケア(週1回の非常勤)。現在、7年目。その後、病院で5年、介護老人保健施設(老健)を経て、ベネッセスタイルケア(週1回の非常勤)。現在、7年目。『くらら』、『グランダ』の2ホームを兼務する。
ふだんは主婦であり、2児の母。趣味はジョギング。東京マラソンに2回出場して完走している、根っからのスポーツウーマンです。

まず、心の声をうかがうことが第一歩。

写真

毎日リハビリをつづけていても、だんだん歩行が困難になっていく。
「それでも」と前を向く90歳の女性がいます。
その一方で、体力は十分なのに、「これ以上よくなろうなんて、思ってない」とおっしゃる方も。
私は現在、理学療法士(PT)として、さまざまな想いをもったご入居者さまと向き合っています。
だからこそ、はじめてお会いする方とは、傾聴ボランティアのように、まずは心の声を伺うことから入るようにしていますね。
なかなか受け入れてくださらない方でも、あきらめずドアをノックするつもりで。
スタートラインは私の顔を覚えてもらうだけで構いません。
だんだん、痛いことやあぶないことをする人ではない、と認識していただければいいのです。
私は、病院と介護老人保健施設を経て、ベネッセスタイルケアに転職。週1回の非常勤で、7年目を迎えました。
以前は、黙ってもいてもリハビリを受けたい方がやってくる環境でした。
でも、ホームという職場は、自分から働きかけなければ、なにも動いていきません。そこが、いちばん大変でおもしろい部分だと感じています。

写真

看取りの瞬間まで
寄り添っていく、責任。

以前との大きな違いは、もうひとつあります。
それは、最後の時間まで、ご入居者さまと寄り添っていけることです。
病院ではPTが病室に立ち入ることはなく、リハビリはあくまで治療においての通過点です。
ホームでは、勤務中に看取りの瞬間が訪れることがあって、ご家族から「ぜひ」と呼び入れていただくこともあります。
どんなにか細くとも、ご本人の気持ちが燃えている限り、二人三脚していく。その先で歩けなくなっても、私がパートナーであることに変わりはありません。
寝たきりの状態になったとしたら、呼吸がラクになるよう寝姿勢を整えたり、自分にできるサポートはいくらでもあります。
それだけに旅立ちのときは、お顔を見て伝えたいと思うのです。「いっしょにがんばってくださって、ありがとうございました」と。

自らの考えのもと、主導。
チームとともに実現するリハビリ。

写真

私はいま東京で、『くらら』と『グランダ』の2つのホームを兼務しています。
『くらら』はオープン10年目ということもあり、体力が低下したご入居者さまが多く、『グランダ』はできて間もないので、比較的元気な方がいらっしゃいます。
ご入居者さまの傾向が異なれば、PTとしてやるべきことも変わります。それは、誰かに指示されるのではなく、自ら考えて取り組むことです。
サービススタッフやリーダー、ナースたちとの擦り合わせも必要です。ホームはチームワークで成り立っているもの。ときには意見をぶつけ合いながら、ご入居者さまの意志、安全面を最優先にプランを練っていきます。
「どんなリハビリを行っていくか」にあたっては、ホーム長を交えてご家族の意向も伺います。こうした関係者の方々との調整を経て、最善のリハビリを実現していくのです。
入社して思うのは、「想像していたより、はるかに仕事が楽しい」ことです。ここでなければできないPTとしての仕事がある。そう実感するのは、ご入居者さまのことを本気で考える仲間に囲まれているせいかもしれませんね。

ページの先頭へ
リハビリの特徴
  • 日勤限定
  • 夜勤専任
  • オープニングスタッフ募集
  • 説明会・セミナー情報
  • PTOTST大募集
さっそく応募する!
Pick Upコンテンツ
  • ホームMAP
ページの先頭へ戻る

ベネッセスタイルケア採用サイト

介護職、看護師、ホームヘルパー、ケアマネージャー、保育士、学童スタッフ、栄養士、調理師で、お仕事・求人をご紹介しています。