• トップ
  • ベネッセの看護
  • ベネッセのリハビリ
  • 介護現場で働く
  • サポート体制
  • 応募方法
  • 説明会情報

医療の現場にない魅力がたくさんあります。 看護師・機能訓練員の募集情報

ベネッセのリハビリ

「その方らしさに、深く寄りそう」という事業理念のもと、
ご入居者様お一人おひとりが「その方らしい生活」を最後までお過ごしいただけるよう、
多職種で連携を取りながら、リハビリの専門職として深く、長く関わっていきます。

有料老人ホームと病院との違い 病院は「治療の場」であり、
有料老人ホームは「生活の場」であるため、目的や関わり方などに大きな違いがあります。

  • 病院
  • 有料老人ホーム

病院は、「治療の場」であるため、何らかの疾患をもち、治療を要する方や日常生活に支障をきたしている方が主な対象者となり、身体機能の回復・向上と共に「退院」が最大の目的となります。
それに対し、有料老人ホームは、「在宅=生活の場」であるため、必ずしも全ての方が治療を必要とはしておらず、QOLの向上が大きな目的となるため、個別性を重視した関わりが重要となります。
また、「生活の場」であるため、関わる期間も長期に渡り、専門職として比較的お元気な方へのアセスメントから認知症をお持ちの方、「終末期」まで関わっていくことのできる点も大きな違いと言えます。

ベネッセのリハビリをくわしく知る

01 仕事紹介

日々、ホームや在宅で過ごされる方々のリハビリは、予防的な視点でのかかわりや、ご家族様の想いを形にしていくため、介護スタッフをはじめとする多くの職種とのチームケアが重要となります。
※ホームにより、職種・人数の配置は異なります。

機能訓練指導員の役割
  • 理学療法士(PT)

    理学療法士(PT)

    基本動作能力の回復・維持への支援のほか、食事姿勢や摂食動作などの日常生活動作のリハビリにも関わっていきます。特に、座る・立つ・歩くなどの基本動作への関わりはPTの強みと言えます。


  • 作業療法士(OT)

    作業療法士(OT)

    基本動作能力の回復・維持へ支援のほか、食事姿勢や摂食動作などの日常生活動作のリハビリにも関わっていきます。また、認知機能訓練、アクティビティを取り入れたリハビリなどはOTの強みといえます。

  • 言語聴覚士(ST)

    言語聴覚士(ST)

    食事場面での評価、提案、機能訓練が役割の大部分となります。お客様が希望される生活の継続のために、ホームの介護職スタッフと連携しながら支援を行っています。食事全般への多様な支援は、STのやりがいでもあります。

ベネッセの有料老人ホームで働く

ベネッセスタイルケアでは「有料老人ホームに興味があるけど経験がない…」といった方々も多数活躍しています。
実際に働く先輩のインタビューやエピソードを交えながらあなたの疑問にお答えします。

さっそく応募する!

  • ご応募はこちら
  • お問い合わせ
心から納得いただけるサービスを私たちといっしょにつくりあげていきませんか?

ベネッセスタイルケアを知る

ページの先頭へ戻る

ベネッセスタイルケア採用サイト

介護職、看護師、ホームヘルパー、ケアマネージャー、保育士、学童スタッフ、栄養士、調理師で、お仕事・求人をご紹介しています。