• トップ
  • ベネッセの看護
  • ベネッセのリハビリ
  • 介護現場で働く
  • サポート体制
  • 応募方法
  • 説明会情報

ベネッセスタイルケア 看護の特徴 仕事紹介

サブキャッチ

ホームや在宅で過ごされる方々の日々の健康管理は主治医の指示に基づくものばかりではなく、予防的な視点でのかかわりやご家族様の想いを形にしていくため、スタッフをはじめとする多くの職種とのチームケアが重要となります。
ここではそれぞれの役割や仕事内容についてご紹介します。

ホームで働く看護スタッフ

一人ひとりの想いに寄り添える看護

ホームでの看護スタッフの仕事は、ご入居者様が安全に安心して、その方らしく日々の生活をお過ごしいただくため、介護スタッフと協力し合いながら、体調の変化に対する処置や予防、健康相談、薬剤管理などを行ないます。協力医とは24時間相談できる体制を取っています。ご家族様の想いも受け止めながら、「その方にとって大切なことはなにか」を常に考え、ご生活のお手伝いをいただきます。

タイムスケジュール例
日勤
出勤
申し送り
往診対応
処置・健康チェック
昼食の見守り・経管栄養
休憩
配薬準備
ご入居者様のお部屋訪問
ご家族様対応(電話・来訪)
申し送り
日報記入後、業務終了
夜勤
出勤・記録読込み
申し送り
処置・健康管理など
経管栄養・食事介助など
処置・吸引など
夜間の見守り
休憩
経管栄養・内服介助・検温
申し送り
日報記入後、業務終了

ホームでの仕事内容

ご入居様に対して

ホームでの健康管理は介護スタッフとともに「普段とお変わりがないか」「いつもと違う」といった日々の何げない変化を丁寧に看ていき、ご入居者様の健康の維持や疾病、感染予防等に努めます。
また、必要に応じて主治医や協力薬局と連携し、
医療処置や薬剤管理を行います。

  • ①健康管理・健康相談
    体調変化の把握、予防的アプローチおよび定期健康診断の管理、予防接種など
  • ②薬剤管理
    配薬準備、服薬相談、処方箋管理 など
  • ③協力医の指示に基づく在宅医療処置、医療的ケア
    経管栄養、吸引、吸入、血糖値チェック、インスリン対応、HOT管理 など
  • ④緊急対応
ご家族様に対して

信頼関係づくり

ご家族様とは、日々の健康状態の報告、相談のみならず、ご入居者様本人の生活背景や価値観を知り、ご家族様の願いや想いに寄り添うかかわりも重要です。日々のコミュニケ―ションを重ねる中で、将来的に医療ニーズが生じたときなどもよりよい対応が図れることにもつながります。

ホーム運営面

ホームのご入居者様には安全でかつ快適にお過ごしいただくため、安定したご生活の継続はもとより、ホーム全体のサービス力を向上していくことが常に求められているといえます。ホーム長や介護スタッフと情報を共有、交換しながら、医療面を中心に介護スタッフを支援します。

  • ①入居時支援
    入居時アセスメント同行(医療依存度の比較的高いご入居者様について)、主治医との連携
  • ②介護スタッフとの情報交換、育成支援
    看護や疾病予防の観点より、必要に応じて勉強会やカンファレンスの実施
  • ③感染症対策、事故予防対策等の安全管理支援

一緒に働く仲間

ご入居者様お一人おひとりの安全で安心した生活を支えていくためには
様々な職種によるチームアプローチが欠かせません。
「その方の望むこと」を共通の目標に、それぞれが専門性を発揮し、協力し合える体制づくりを大切にしています。

ホーム組織体制

多職種協働 ホームの組織体制

ホームで働くおもなスタッフの役割
サービス
スタッフ・
サービス
リーダー
(介護職)
ホームの中でメインとなる職種です。24時間365日シフトを組みながらご入居者様の生活を支えています。ご入居者様ごとに生活(ケア)プランを立案し、それに基づき、お食事や排泄の介助などの身体的なお手伝いや、掃除、洗濯など身の回りのお手伝いをする他、その方が大切にしている価値観や生きがいも反映した目標設定をし、アクティビティや行事なども企画・提供します。 ホーム長
(管理者)
ホームの「サービス品質の維持・向上」「働くスタッフのマネジメント」「入居率の維持・向上」を考え責任者としてホームを支える要となる存在です。ご入居者様・ご家族様とも積極的にコミュニケーションをとり信頼関係を構築していく中、多職種メンバーが各々の能力を発揮できサービスが向上し、お客様に選んでいただけるホームになるよう努めるホーム運営全般の責任者です。
機能訓練
指導員
(PT/OT/ST)
ご入居者様への機能評価や個別リハビリプログラムの作成と実施、集団リハビリの実施を行っています。それ以外にもリハビリや健康体操のマニュアル作成や介護用品の選定なども行います。また嚥下機能改善など難易度の高いケースに対してはケースカンファレンス参加など専門職として力を発揮しています。 ケア
マネジャー
(介護支援
専門員)
ご入居者様がその方らしく生き生きとした生活ができることを目指した「生活(ケア)プラン」を、ご家族様のお考えもいただきながら、サービススタッフと協力して作成、承認します。また作成した生活プランどおりに実行ができるよう、サービススタッフのサポートも行っています。ご入居者にとって常に最善か?改善点はないか?をモニタリングし、プランの管理をしています。
ホームを支える医療体制(外部機関)
協力医療機関
(訪問診療)
毎週の定期訪問診療では看護スタッフとの情報交換やご入居者様のお部屋を回っての診察をします。また24時間365日の緊急電話連絡、臨時往診にも対応しており、医師の常駐していないホームでもご入居者様の体調変化に即時対応できるようサポートしています。 調剤薬局 定期診療により処方された薬を一包化して納品しています。臨時往診時にも迅速に対応します。
ページの先頭へ

在宅・デイサービスで働く看護スタッフ

ご利用者様の想いをお手伝い

ベネッセスタイルケアが運営しているデイサービスでのお仕事です。看護師としてのご経験を活かして、デイサービスご利用時の健康状態の観察を行っていただきます。また、ご利用者様の服用される薬の管理やご自宅でのご様子などを、ご本人やご家族様とコミュニケーションを取りながら安心してデイサービスを利用していただけるように援助していきます。ご利用者様の「1日でも長く住み慣れた自宅で暮らしたい」その想いを介護職員と協力してお手伝いする仕事です。

ページの先頭へ

ベネッセスタイルケアの看護

  • 看護に対する想い

    ベネッセスタイルケアの看護は、自分や自分の家族がして欲しいサービスを提供します。

  • 仕事紹介

    多職種協働によるチームケアを実践。それぞれの役割や仕事内容についてご紹介します。

  • 先輩インタビュー

    「だから看護のお仕事をつづけられる」。活躍する先輩ナースの声を集めてみました。

  • ホームでの取り組み

    ここではホームだからこそ取り組むことのできる具体例のいくつかをご紹介します。

ページの先頭へ戻る

ベネッセスタイルケア採用サイト

介護職、看護師、ホームヘルパー、ケアマネージャー、保育士、学童スタッフ、栄養士、調理師で、お仕事・求人をご紹介しています。