• トップ
  • ベネッセの看護
  • ベネッセのリハビリ
  • 介護現場で働く
  • サポート体制
  • 応募方法
  • 説明会情報

ベネッセスタイルケア 看護の特徴 ホームでの取り組み

多職種協働によるチームケアの実践

治療優先の現場では難しいケアやご要望に添った個別対応など、あきらめていたことに時間をかけてでも挑戦する、
その方らしさを取り戻す場所にしたいと願っています。
ここではホームだからこそ取り組むことのできる具体例のいくつかをご紹介します。

ホームでの取り組み(実践例)

最期のお時間を過ごす~ホームでのお看取り、ターミナルケア~

写真

私たちのホームではご条件叶えばホームでお看取りをさせていただきます。医療機器に頼ら
ず過ごす時間に不安もありますが「ご本人、ご家族様の思いと主治医の見解からケアの方法を決定
する」まさに在宅看護の実践です。好きな音楽をお部屋に流し、夕焼けのきれいな日はベランダにお連れする。スタッフやご家族様に見守られながら「その方らしく過ごす」穏やかな時間はかえがたいものです。最期の時が近づくにつれケアに不安の募る介護スタッフのために、主治医にお願いをしてホームで勉強会を開き、変化があってもみなが落ち着いて対処できるよう知識と想いを共有します。一方、ホームでの看取りを望まれたご家族様でも「やはり治療をさせたい」とお気持ちに変化が生じることもあります。スタッフみなで常にコミュニケーションを図っていくことも重要といえます。

薬に頼らずその方を知る、寄り添う~ホームでの認知症ケア~

写真

認知症の専門薬は効能効果が期待できるとてもよいものも増えてきましたが、副作用から一日
の生活リズムがうまくいかず、その方らしい日々をお過ごしいただけない場合も少なくありません。私たちは、
ケアアセスメントとしてご本人様が発した言葉や行動、その時のご様子を情報としてとことんすり合わせ、課題を明らかにし、ケアの方法を見い出しています。介護スタッフ、看護職それぞれ違った視点でのアプローチと考察はとても有意義です。時間のかかる取り組みでもありますが、多職種のチームケアだからこそ「その方らしい生活」と「リスクマネジメント」双方を徹底的に追求していくことができるといえます。

おいしく食べ続けること~ホームでの口腔ケアと誤嚥性肺炎予防の取り組み~

写真

おいしく食べ続けることは、喜びであると同時に生命維持活動には欠かせない基本機能とい
えます。嚥下の状態に合わせ、対応食の必要な方には厨房スタッフと直接打ち合わせを持ちながら進め
ていきます。また、胃ろうを造り退院されてきた方でも、主治医の意見をいただきながら、経口摂取に着手するケースもあります。ホームは時間をかけてかかわれるからこその取り組みですが、食事は介護スタッフがかかわることも多いため、嚥下の状態がどうなったらリスクのサインなのか、具体的にスタッフと共有をしていきます。また、毎日の口腔ケアや義歯の手入れも、介護スタッフが日々のケアを着実に行なうことで肺炎予防に効果がみられていると感じます。その大切さを伝えたり、具体的な方法をエリアSTからレクチャーを受けられるようつないだりといった役割も担います。

「楽しみは続けたい」想いに寄り添う~アクティビティにおける看護の視点~

写真

外出やお食事に制限のある方でも、それが日々の楽しみであればなんとか少しでも叶えて差し
上げられないかスタッフはみな知恵を絞ります。私たちは健康や既往症への影響も念頭におきながら
「バランス」を追求していく役割を担います。たとえば、晩酌が唯一の楽しみだったA様。禁じてしまうことは簡単ですが、その満足された笑顔がみたいとご家族様よりお声があれば、主治医とも相談し、その日のバイタルの値や体調確認方法を介護スタッフと連携したり、夕食のカロリーをコントロールすることで叶えて差し上げたりしています。

ページの先頭へ

研修担当からのメッセージ

確実なスキルアップを図ることができる研修・支援体制

写真 「中途入社時研修」はベースとなる会社のサービス基準をさまざまな職種のスタッフと一緒になって習得いただく内容です。

また、「看護職入社時研修」では、まずホームで働く看護職の「考え方・視点」を伝えます。ホーム勤務で感じるだろう医療機関との違いを理解し、少しでも不安な気持ちを払拭いただければと思っています。

ホームでは「フィジカルアセスメント=目と手と聴診器」でご本人の状態を判断する必要があり、それを医師やサービススタッフに伝えて適切に対処していくことになります。

研修では多職種連携の様々な場面を想定し、座学では得られない生きた学びの場となるようにしています。

個別対応の多い現場を離れ、基本的な観点を再確認したり、お互いに悩みや困りごとを共有したりする中でつながりも生まれます。
研修はいわば「基本に戻れる場所」として機能するといいなと思っています。

本社研修担当 看護師 木野田 なをみ

ページの先頭へ

ベネッセスタイルケアの看護

  • 看護に対する想い

    ベネッセスタイルケアの看護は、自分や自分の家族がして欲しいサービスを提供します。

  • 仕事紹介

    多職種協働によるチームケアを実践。それぞれの役割や仕事内容についてご紹介します。

  • 先輩インタビュー

    「だから看護のお仕事をつづけられる」。活躍する先輩ナースの声を集めてみました。

  • ホームでの取り組み

    ここではホームだからこそ取り組むことのできる具体例のいくつかをご紹介します。

看護の特徴
  • 日勤限定
  • 夜勤専任
  • オープニングスタッフ募集
  • 説明会・セミナー情報
  • PTOTST大募集
さっそく応募する!
Pick Upコンテンツ
  • ホームMAP
ページの先頭へ戻る

ベネッセスタイルケア採用サイト

介護職、看護師、ホームヘルパー、ケアマネージャー、保育士、学童スタッフ、栄養士、調理師で、お仕事・求人をご紹介しています。